Skip site navigation (1) Skip section navigation (2)

Section Navigation

FreeBSD 9.2-RELEASE アナウンス

FreeBSD リリースエンジニアリングチームより、 FreeBSD 9.2-RELEASE の公開をお知らせします。 これは、stable/9 ブランチからの 2 回目のリリースで、 FreeBSD 9.1 の安定性の改善と、新たな機能の追加が行なわれました。 このリリースの主な変更点は、以下のとおりです。

  • ZFS ファイルシステムが SSD の TRIM に対応しました。

  • virtio(4) ドライバが、amd64 および i386 アーキテクチャの GENERIC カーネルコンフィグレーションファイルに追加されました。

  • ZFS ファイルシステムが lz4 圧縮に対応しました。

  • OpenSSL が 0.9.8y に更新されました。

  • GENERIC カーネルにおいて、 DTrace のフックがデフォルトで有効になりました。

  • DTrace が 1.9.0 に更新されました。

  • Sendmail が 8.14.7 に更新されました。

  • OpenSSH が 6.2p2 に更新されました。

  • head/ から unmapped I/O がインポートされました。

新機能や既知の問題点の一覧については、 以下からリリースノートや正誤表をオンラインでご覧ください。

FreeBSD のリリースエンジニアリング活動の詳しい情報は、

をご覧ください。

入手方法

FreeBSD 9.2-RELEASE は、amd64, i386, ia64, powerpc, powerpc64, および sparc64 アーキテクチャで利用できます。

FreeBSD 9.2 は、起動可能な ISO イメージ、 もしくはネットワーク経由でインストールできます。 一部のアーキテクチャでは USB メモリスティックを使ったインストールも可能です。 後の章に説明があるように、必要なファイルは FTP 経由でダウンロードできます。 ただし、規模の小さな FTP ミラーサイトでは、amd64 や i386 といった主要なアーキテクチャ用の配布物だけが置かれていて、 すべてのアーキテクチャの配布物は置かれていないこともあります。

リリース ISO イメージとメモリスティックの MD5 および SHA256 ハッシュ値は、このアナウンスの最後にあります。

リリースにおいて用意される各イメージの用途は以下のとおりです。

dvd1

FreeBSD オペレーティングシステムのベースシステム、 ドキュメント、およびグラフィカルなワークステーションを構築し、 起動するための package セットをインストールするのに必要なものが入っています。 "livefs" ベースのレスキューモードで起動することも可能です。 DVD サイズのメディアに書き込むことができ、利用可能な環境では、 このイメージだけで十分です。

disc1

FreeBSD オペレーティングシステムのベースシステムが入っています。 "livefs" ベースのレスキューモードでも起動できるイメージです。 package は含まれていません。

bootonly

CD-ROM ドライブを備えたマシンで起動できるイメージですが、 この CD のみを使ってシステムをインストールすることはできません。 この CD を使って起動した後は、(FTP サーバなどから) ネットワーク経由でインストール作業を行う必要があります。

memstick

USB メモリスティック (フラッシュドライブ) に書き込めるイメージです。 USB ドライブからの起動可能なコンピュータにおいて、 インストールに使うことができます。 "livefs" ベースのレスキューモードで起動することも可能です。 package は含まれていません。

memstick イメージの使用例を下に示します。 USB ドライブが /dev/da0 として認識される場合には、 次のようなコマンドで書き込むことが可能です。

# dd if=FreeBSD-9.2-RELEASE-amd64-memstick.img of=/dev/da0 bs=10240 conv=sync

ターゲット (of=) の部分については、 適切に設定されていることに細心の注意を払ってください。

FreeBSD 9.2-RELEASE の CD-ROM と DVD は、ベンダからも購入できます。 FreeBSD 9.2 ベースの製品を販売しているベンダのひとつが、以下の FreeBSD Mall です。

FTP

アナウンス時点では、次の FTP サイトから FreeBSD 9.2-RELEASE を利用できます。

しかしながら、これらのサイトを利用する前に、まず、 あなたの住んでいる最寄りのミラーサイトの利用を試みてください。

他に ftp2, ftp3 という順に名前がつけられていミラーサイトもあります。

FreeBSD ミラーサイトの詳細は、以下を参照してください。

FreeBSD のインストール、または、 現在のシステムを 9.2-RELEASE にアップデートする手順については、 以下をご覧ください。

サポート

FreeBSD 9.2-RELEASE の保守終了予定日は 2014 年 9 月 30 日です。 保守終了日に関しては以下のページをご覧ください。

FreeBSD ベースの他のプロジェクト

FreeBSD をベースとした "サードパーティ" プロジェクトが数多くあります。 それらのプロジェクトには、FreeBSD をパッケージングしたものから、 Amazon EC2 インフラストラクチャで FreeBSD を利用できるようにするという、 より "初心者向けの" ディストリビューションまであります。 サードパーティのプロジェクトの詳細については以下をご覧ください。

献辞

FreeBSD Foundation, Yahoo!, NetApp, Internet Systems Consortium, Sentex Communications, New York Internet, Juniper Networks, および iXsystems をはじめとする多くの企業から、 FreeBSD 9.2 のリリースエンジニアリング活動に必要な機材、 ネットワークアクセス、人的資源を提供していただきました。

9.2-RELEASE のリリースエンジニアリングチームは、 以下のメンバで構成されています。

Ken Smith <kensmith@FreeBSD.org> リリースエンジニアリングリード
Marcus von Appen <mva@FreeBSD.org> リリースエンジニアリング担当
Glen Barber <gjb@FreeBSD.org> リリースエンジニアリング担当、9.2-RELEASE リリースエンジニア
Konstantin Belousov <kib@FreeBSD.org> リリースエンジニアリング担当
Joel Dahl <joel@FreeBSD.org> リリースエンジニアリング担当
Marc Fonvieille <blackend@FreeBSD.org> リリースエンジニアリング、文書担当
Steven Kreuzer <skreuzer@FreeBSD.org> リリースエンジニアリング担当
Erwin Lansing <erwin@FreeBSD.org> package 構築担当
Xin Li <delphij@FreeBSD.org> リリースエンジニアリング、セキュリティ担当
Simon L. B. Nielsen <simon@FreeBSD.org> 名誉セキュリティオフィサ
Josh Paetzel <jpaetzel@FreeBSD.org> リリースエンジニアリング担当
Colin Percival <cperciva@FreeBSD.org> 名誉セキュリティオフィサ
Craig Rodrigues <rodrigc@FreeBSD.org> リリースエンジニアリング担当
佐藤 広生 <hrs@FreeBSD.org> リリースエンジニアリング、文書担当
Gleb Smirnoff <glebius@FreeBSD.org> リリースエンジニアリング担当
Dag-Erling Smørgrav <des@FreeBSD.org> セキュリティオフィサ
Marius Strobl <marius@FreeBSD.org> リリースエンジニアリング担当
Robert Watson <rwatson@FreeBSD.org> リリースエンジニアリング、セキュリティ担当

登録商標

FreeBSD は The FreeBSD Foundation の登録商標です。

ISO イメージのチェックサム

SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-amd64-bootonly.iso) = 63db06d3f468d219b308bb3fbc3f48e791134481fb1abf39e9b1ee415dcfc099
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-amd64-disc1.iso) = a8c1751b83646530148766618a89a97009e7500e7057a5cbe3afd74ef480c915
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-amd64-dvd1.iso) = 36c99ac1ffb90f2272df1bf10cafec999fde1b1a6bd289b5583836639c3639ae
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-amd64-memstick.img) = fbc0c46f2db8c347145ee7c8308e4f3058dc5ec3155a9fb51d0f0e52ab2bf5cb
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-amd64-bootonly.iso) = 2338f255d0ddc4659d04545a3c27bfa1
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-amd64-disc1.iso) = cde180e3c5e3e370c97598a4feccb5b4
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-amd64-dvd1.iso) = 21448c2688ba938b42c1727449d69750
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-amd64-memstick.img) = 8a7f0ee3cb2570785b2d0a760d99bad6
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-i386-bootonly.iso) = e2df14515911ab964a587c4ae5e23882c71908c4e589ae57f7848399232c161d
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-i386-disc1.iso) = 76093c27288f0ab939a5de14b621ec8eb1420d96343132c2b7c382747d35b67c
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-i386-dvd1.iso) = a1bba5668792cfc8197c0f81b28cdd17e912a1ae5816887f8518bf1536a99af8
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-i386-memstick.img) = aa635578fea1136da680420afaab21a8e0b7c39541566d28f468d6ebb7a1e3a8
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-i386-bootonly.iso) = c868d09dace9ec2d673fd62cbd1305b4
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-i386-disc1.iso) = ba7ba7943177aee9626df228fb1ee6c2
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-i386-dvd1.iso) = 917104df8d559f2ec981e98bfdf78e05
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-i386-memstick.img) = affea2f784472cfbed9d16a6fdeab5ce
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-ia64-bootonly.iso) = 138b6f9fe7bbad418db956a53539ff75f77c918aedaf7fcc1d4960aa2ccca476
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-ia64-disc1.iso) = 906cfc5012504501547aa0c89292e66047faaed34f18e79594ab95635c43f6c2
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-ia64-memstick.img) = b178d6466f4b2eb9af0520eb8b434ce98ecab11b9d24bf6ad9478a30f9875531
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-ia64-bootonly.iso) = 2ef154556774c55ce0a5a27c7a674859
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-ia64-disc1.iso) = aa06455bfd9f54f1257c6b8484e81334
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-ia64-memstick.img) = b047ea9791272a4fbc66cd9f401d6122
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-powerpc-bootonly.iso) = 89fea7d441a71b96def24a80815566936b7b6eaab640030ae78518001806d626
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-powerpc-disc1.iso) = b5f5adc9ab2392c2796881553582a1da1cfa99c62b62b57a3325fc7e6a7259c4
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-powerpc-memstick.img) = 3951ab28d6226f9c32a71f6d81d6ad9f9d05c9af5d11cf00118380f6ba20f282
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-powerpc-bootonly.iso) = 84ba491526faf1115827ee3c81593f92
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-powerpc-disc1.iso) = 1a1f683a69d20419834d056d43c8e3de
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-powerpc-memstick.img) = dd959ede1dff0971334d3722db8c8bcc
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-powerpc-powerpc64-bootonly.iso) = 092fa817a0a44fb49d05ed7aae44d98e78f4e3e0fc6e0297ee0d11ec8f8ccf37
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-powerpc-powerpc64-disc1.iso) = 56daf1f49bff7ee9e31c3255170fe2373c8674cfce1c560e78deff4ae81c505d
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-powerpc-powerpc64-memstick.img) = be87c9edaa0b343a1223ebfb68dd161a023e287e067dd6550198c4ac23d47062
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-powerpc-powerpc64-bootonly.iso) = c914b221a8f09ac8d004aa4d7db710a0
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-powerpc-powerpc64-disc1.iso) = f471466df756ae85162fb8bb794d007a
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-powerpc-powerpc64-memstick.img) = c6b739c889dd94e3ed3ac8ef277ced91
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-sparc64-bootonly.iso) = 76813e3a5b400ea56533a3d5762f76284746a736281b6e1bce882d9f0e2dd076
SHA256 (FreeBSD-9.2-RELEASE-sparc64-disc1.iso) = 0a15095210058fa7c1572102e6af49407462fcd670d28a3af9dfc154efaeb72e
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-sparc64-bootonly.iso) = ae21e0dc63aa0d6327f44c733705c055
MD5 (FreeBSD-9.2-RELEASE-sparc64-disc1.iso) = 7ce9c00d4b6e23124062cc2be8b56a74